国公労連40周年記念事業企画 ILO要請とポーランド・ドイツを訪ねる旅 

【とりくみ:各種とりくみ(中央行動など)】2015-06-25



 戦後70年、曲がりなりにも憲法を基軸に平和国家の道を歩んできた日本。安倍政権のもとで再び「海外で戦争する国」づくりがすすめられています。
  この旅では、第2次世界大戦でナチスドイツによるユダヤ人大虐殺の舞台となったアウシュビッツ強制収容所と、併設のビルケナウ博物館を見学し、戦争と平和についてあらためて考えます。また、ジュネーヴの国際労働機関(ILO)・労働基準局結社の自由部を訪問し、社会保険庁職員の分限免職(解雇) 撤回を求める事案と、公務員の労働基本権回復をめざす事案について、日本政府に対する強力な働きかけを要請します。
  旧市街が美しい世界遺産の街クラクフや、ノイシュヴァンシュタイン城など観光もたっぷり。市内散策や歴史探訪、各地の名物料理も大いに楽しみです。職場の仲間やご家族を含め、国公労連結成40周年記念の旅にぜひご参加ください。


旅行代金:289,000円~324,000円

(大人2名様1室利用時)※一人部屋追加代金 70,000円
燃油サーチャージ(33,600円※6月時点)、
日本国内空港施設使用料・空港保安料(2,610円)及び海外空港諸税(20,010円)別途要

募集人数:25名様(最少催行人員15名)

申込締切:2015年8月26日(水)
但し、募集人員に達し次第受付を終了することがあります。

ご渡航に関するお問合せ

営業時間/月~金 10:00~18:30(土・日・祝 休み)
TEL:03-5908-3225 FAX:03-5908-3028
住所:〒163-6011 東京都新宿区西新宿6-8-1住友不動産新宿オークタワー11F
(総合旅行業務取扱管理者:矢野 水奈子)


応募方法と応募先はこちらまで