国公労調査時報 2014年9月号(第621号)◆STAP細胞問題と研究者の社会的責任

【データ・資料:KOKKO】2014-08-25
STAP細胞問題と

研究者の社会的責任


――若手研究者のネグレクトを
   許さない研究環境へ


 サイエンス・サポート・アソシエーション代表
 近畿大学医学部 病理学教室 医学部講師

 
        榎木 英介


STAP細胞問題の背景にある
「短期的な成果主義」

(研究者1,069人アンケート結果)

 国立試験研究機関全国交流集会実行委員会

 
 
「公務員賃下げ違憲訴訟」準備署名(5)
※最終準備書面
 
《書評》
稲沢潤子・三浦協子 著
『大間・新原発を止めろ
 ――核燃サイクルのための専用炉』

           作家 浅尾大輔


《リレー連載》中嶌 聡⑥
運動のヌーヴェルヴァーグ
多様性を活かすには

      NPO法人はたらぼ代表理事 中嶌 聡
 

▼購読申し込み先(定価500円・前納年間購読料6000円)
国公労連
mail@kokko.or.jp
fax 03-3502-6362
★郵便番号・住所・氏名・電話番号を
 明記して購読申し込みください。