国公労調査時報 2013年5月号(第605号)◆「道州制・地方分権神話」を問う

【データ・資料:KOKKO】2013-04-16
《特集》「道州制・地方分権神話」を問う
 
〈座談会〉道州制が奪う福祉・安全・国民主権

 大企業支援と地域格差を極大化する道州制
  行財政総合研究所理事長 永山利和

 住民の声届かず暮らし切り捨て極まる道州制
  自由法曹団/弁護士 尾林芳匡

 国民の安全・安心を守れない道州制
 ――ナショナルミニマム破壊は許さない
  国土交通省労働組合副委員長 山﨑正人

 討論 「道州制基本法案」の成立を許さないために
 
 地方分権改革、地域主権一括法をめぐる現局面と課題
  神奈川自治体問題研究所 角田英昭

「公務員賃下げ違憲訴訟」
 第3回口頭弁論における代理人意見陳述

◆書評
藤田和恵著『ルポ 労働格差とポピュリズム』
            作家 浅尾大輔

連載エッセイ 水島朝穂の同時代を診る(97)
◇「3分の2」と「過半数」の間
  ――8年ぶりのパート2
 早稲田大学法学学術院教授 水島朝穂

▼購読申し込み先(定価500円・前納年間購読料6000円)
国公労連
mail@kokko.or.jp
fax 03-3502-6362