国公労調査時報 2013年4月号(第604号)◆若者の未来閉ざす新採抑制と雇用劣化

【データ・資料:KOKKO】2013-03-22

《特集》若者の未来閉ざす新採抑制と雇用劣化

 行政機能低下とデフレに拍車をかける「身を切る改革」
 ――国家公務員の新規採用抑制がもたらすもの

              国公労連書記次長 九後健治

《インタビュー》
 ブラック企業の濃度見極め働くほかない若者
 ――雇用劣化とたたかう首都圏青年ユニオン

         首都圏青年ユニオン事務局長 山田真吾

 《インタビュー》
 「日本型ワークシェアリング」で若者の雇用は改善できる

               労働総研事務局次長 藤田 宏


「国公労連2013非正規で働く仲間の要求アンケート」結果について
                           国公労連調査政策部

「公務員賃下げ違憲訴訟」第3回口頭弁論
2013年1月21日 東京地方裁判所民事第19部
            意見陳述 原告 小原晟弘

◆書評
和久井みちる著『生活保護とわたし』
            作家 浅尾大輔

連載エッセイ 水島朝穂の同時代を診る(96)
◇「邦人救出」になぜ自衛隊なのか
 早稲田大学法学学術院教授 水島朝穂

▼購読申し込み先(定価500円・前納年間購読料6000円)
国公労連
mail@kokko.or.jp
fax 03-3502-6362