国公労調査時報 2013年2月号(第602号)◆官製ワーキングプアなくし誰もが幸せに働ける社会へ

【データ・資料:KOKKO】2013-01-15



インタビュー
官製ワーキングプアなくし
誰もが幸せに働ける社会へ

 和光大学教授 竹信三恵子

▼インタビューの一部は、YouTubeで視聴できます
竹信三恵子インタビュー(1)官製ワーキングプアとは何か
竹信
三恵子インタビュー(2)いまの格差の多くは賃金差別です
竹信
三恵子インタビュー(3)雇用の力を信じられない社会


公務員の市民的・政治的自由確立への重要な前進
――国公法弾圧2事件 最高裁判決を活かした運動を

 弁護士 加藤健次

〈資料〉
「国公法弾圧2事件」の最高裁判決にあたって(談話)
  2012年12月7日 国公労連書記長 岡部勘市

「公務員賃下げ違憲訴訟」第2回口頭弁論
 2012年10月29日 東京地裁民事第19部
  意見陳述 原告(個人原告番号278) 山下推生
  意見陳述 原告(個人原告番号136) 小野寺かつ江

「国公労連2013年要求アンケート」結果について
  国公労連調査政策部

【連載】国民のための民主的な行財政・司法を<10>
 ◇国立病院の果たすべき役割と「新たな法人」移行への課題と問題点
   全日本国立医療労働組合副委員長 瀬谷哲也

◆書評
唐鎌直義著『脱貧困の社会保障』
 作家 浅尾大輔

連載エッセイ 水島朝穂の同時代を診る(94)
◇「憲法突破内閣」の誕生――改正ハードルを下げることから
 早稲田大学法学学術院教授 水島朝穂

▼購読申し込み先(定価500円・前納年間購読料6000円)
国公労連
mail@kokko.or.jp
fax 03-3502-6362