国公労調査時報 2012年11月号(第599号)

【データ・資料:KOKKO】2012-10-17


◇【新連載】あの日の紙面から(1)
「官労新聞」1948年8月30日付号外
「こなかったのは軍艦だけ」―当方大弾圧の真相!
日本の労働者に牙をむいたアメリカ占領軍(1948年8月30日付号外)

連載エッセイ 水島朝穂の同時代を診る(91)
◇監視カメラ社会の「安全・安心」
 早稲田大学法学学術院教授 水島 朝穂

◇フクシマと「オキュパイ・ウォールストリート」
 ―女性がつながり、世界を変える―
 経済学研究者 後藤宣代

公務員賃金闘争から学ぶこと
 元国公労連中央執行委員長 堀口 士郎

◇「公務員賃下げ違憲訴訟」第1回口頭弁論
 2012年8月2日 東京地裁民事19部
 原告代表 宮垣 忠(国公労連行政職部会理事長、国公労連委員長)
 原告代表 松木 長男(個人原告番号1番、国公東北ブロック議長)
 原告ら代理人弁護士 岡村 親宜

◇「国公労連人事評価アンケート」結果について
 国公労連調査政策部

【連載】国民のための民主的な行財政・司法を<7>
 ◇国民と共に歩む気象事業の確立
 国土交通労組気象部門事務局

<資料>
・後退せず、全ての原発からの即時撤退、「原発ゼロ」の決断を求める(談話)
 2012年9月20日 全労連事務局長 小田川義和

・文部省職員組合(現・文部省関連労働組合連合会)と文部大臣との団体協定書(1947年1月14日)

・オスプレイ「安全宣言」は承服できない(談話)
 2012年9月21日 全労連事務局長 小田川 義和