国公労調査時報 2012年1月号(第589号)

【データ・資料:KOKKO】2012-01-01
あの時の一枚(85)
◇国立病院・療養所の賃金職員の雇用を継承せよ
 ― 年金改悪反対、イラク派兵反対などとともに「国立病院の雇用を守れ」を中心スローガンにかかげた全労連03秋闘11・13中央決起集会には、賃金職員を中心に200人の全医労組合員が参加した(2003年11月13日)


連載エッセイ 水島朝穂の同時代を診る(82)
◇アルファベット3字略語に要注意
 早稲田大学法学学術院教授 水島 朝穂

◇人勧無視の「賃下げ法案」は二重の憲法違反
 国公労連中央執行委員長 宮垣 忠

<資料>
人勧取り扱い閣議決定、官房長官談話、総務大臣談話、人事院総裁談話、声明・談話、新聞報道

◇2012年版「税制改革の提言」
 応能負担の原則で国民本位の税財政及び行政の確立を
 日本国家公務員労働組合連合会

◇社保庁分限免職問題における北久保氏の人事院判定と川口氏の京都地裁判決について
 国公労連中央執行副委員長 川村 好伸

◇国公法弾圧2事件の最高裁での勝利判決めざす
 ― この1年間の国公法共闘のとりくみについて
 国公労連中央執行副委員長 岩崎 恒男

◇忘れられない「とち・ところ」
金谷川・南福島間の「美しい福島」
 全労働中央副執行委員長 河村 直樹